ベトナムにおける日本語教育

2017/2/02 JST配信

教育訓練省の統計によると、2016~2017年度に全国7省・市の32校で日本語教育が行われており、第1外国語および第2外国語として日本語を選択し学んでいる生徒数は約2万5000人に上るという。

 一方、他の外国語について、フランス語は34省で教えられており、同言語を学んでいる生徒数は小学生が6691人、中学生が8228人、高校生が2万7603人。ドイツ語は、ホーチミン市ハノイ市、南中部沿岸地方ダナン市の3市で教えられており、2101人が学んでいる。ロシア語は10省・市で約1200人、中国語は9省・市で約1万2000人が学んでいる。 ただし、ロシア語、中国語、ドイツ語、日本語、韓国語を第1外国語または第2外国語として学ぶ生徒の割合は1%程度に留まっている。これらの外国語の教育は、基準を満たした複数の地方でしか展開されていないのが現状だ。